何クリニック

大阪市住吉区の内科,消化器内科 何クリニック

〒558-0052
大阪市住吉区帝塚山西1-1-23
TEL 06-6658-1500
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  当院のご案内

当院のご案内

当院の診療方針

 


皆様の健康な生活にかかりつけ医師として総合的にサポートします。
特に胃内視鏡検査(胃カメラ)については毎日検査しており、これまで25,000人以上の症例の実績があります。紹介での検査も可能であり(その際、紹介状持参)、予約制です(電話で可)。往診、訪問診療、在宅ホスピスも行います。
臨床医として、専門外の疾病については、他病院、医院の専門医を迅速に紹介します。待ち時間については少しでも少なくできるよう努力しています。
ヘリコバクターピロリ菌に対する除菌療法も積極的に行っております。
又、一次・二次除菌療法無効の患者様に対しては三次除菌療法、及びペニシリンアレルギーの患者様に対しても除菌療法可能であります。

 

診療科目

内科,消化器内科

 

診療時間

診療時間
9:00~13:00
15:30~18:00

【休診日】金曜午後、土曜午後、水曜、日曜、祝日

 

院内・診療設備など

当院で行う検査について

 
1.胃内視鏡(胃カメラ)

ファイバースコープ(外径5.8mm)を使用し、他施設よりも短時間(3分~5分)で苦痛少なく正確に精査、早期診断が可能です。 緊急時はご相談の上、当日でも受けられます。(絶食・要予約)
ヘリコバクターピロリ菌の有無も可能。


★胃カメラ検査の予約について
・基本的には中学生以上は可能です。
・電話予約を主としておりますが、
 緊急時お急ぎの方は電話連絡の上ご相談下さい。
・検査前の注意点等はこちらからご説明致します。
・検査は3~5分で済みますが、
 結果説明等しますので30~1時間程度は余裕をみておいて下さい。
・紹介状、バリウム写真あれば持参よろしくお願い致します。

★少量の鎮静剤を使用する方法
ほとんど苦痛なし。
ゲーゲーもほとんどありません。
予約時申し出て下さい。

予約時間 →こちらから

 
2.腹部超音波(腹部エコー)

約5分間で苦痛全くなく、肝・胆・膵・腎臓、膀胱等の結石、ガン、炎症及び前立腺肥大を調べることが出来ます。(随時可)
 

3. 心電図

不整脈、狭心症、心筋梗塞、心不全など精査。(随時可)

4. ヘリコバクターピロリ菌の検査

尿素呼気テスト(絶食 6,000円(税別))
検尿でのピロリ抗体テスト(5,000円(税別))


5. ペプシノーゲン I・II

血液で萎縮性胃炎を診断する
実費 6,000円(税別)

6. ED治療薬

①バイアグアラ50mg 1錠 2,000円(税抜)
②シルデナフィルOD錠50mg 1錠(バイアグラのジェネリック) 1,500円(税抜)
③レビトラ10mg 1錠 2,000円(税抜)
☆初診患者様は問診、心電図をとることもあります。
尚、価格には別途消費税が掛かります。

7.男性型脱毛症用薬

プロペシア(1mg)
1日1回 28日分
9,000円(税別)

フィナステリド(1mg)
1日1回28日分
7,000円(税別)

8.プラセンタ治療

(ラエンネック1A) 1,000円(税抜)

高濃度ビタミン注射液 2,000円(税抜)(約3分)
(にんにく注射+ビタミンC)

高濃度ビタミン点滴 3,000円(税抜)(約20分)
(にんにく注射+ビタミンC点滴)

9.アミノインデックス

がんリスクスクリーニング(AICS)
詳細はこちらから

10.ピアス(器具付)

両耳 8,000円(税別)
片耳 5,000円(税別)

11.その他

尿検査、便潜血、血液検査、血糖随時測定など可能です。

診療設備→こちらから

 

特色とする治療法など 

上部消化器系疾患に対して最新の電子内視鏡を用いて、他医院や経鼻内視鏡に比べても他院に比べて苦痛少なく検査をお受けいただくことができます。また、肝・胆・膵疾患には超音波検査で診断治療を行っております。 ピロリ菌に対する除菌療法、ワクチン予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌)、ED、ピアス、プラセンタ、ビタミン注射(にんにく注射)治療等も行っております。今後も簡単に胃カメラが出来て胃炎・逆流性食道炎・胃・十二指腸潰瘍の治療、胃がんの早期発見に努めていきたいと思います。